フランスワイン

シェアする

フランスは、東西南北に広く様々なワインが栽培されます。

ワインの勉強を始めるのに、もっとも適している国と言われています。

フランスとは

東にはアルプス山脈があり、南部は地中海、西部は大西洋に面しています。

大陸性気候、地中海性気候、西岸海洋性気候の三種類の気候が

共存しているのは、ヨーロッパではフランスだけです。

 

多様な環境によって、地域ごとに特色のあるワインが生み出されます。

ワイン産地

フランスには、主に10の産地があります。

  • アルザス
  • シャンパーニュ
  • ロアーヌ
  • ボルドー
  • ブルゴーニュ
  • ジュラ・サヴォワ
  • ローヌ
  • プロヴァンス
  • ラングドック・ルーション
  • 南西地方

 

フランスワインが高品質な理由

フランスワインには、AOC(原産地呼称)制度があります。

それぞれの地域ごとに原産地を名乗る為には、

厳格な栽培方法、醸造方法などの基準を満たす必要があります。

 

それらを満たしたワインだけが、原産地名を名乗る事が出来ます。

ボトルのラベルをよく見ると、

  • Appellation d’Origine Controlee 
  • Appellation (地名) Controlee

このような表記のあるワインがあります。

これらのワインが、AOCワインと呼ばれ

伝統的な製造基準を守って作られたワインです。

 

一般的には、通常の何も表記のないワインより

高品質なワインが多いです。

(AOPと表記のあるものも基本的には同じ考え方に基づいています)

 

代表的なぶどう品種

赤ワイン

  • カベルネ・ソーヴィニョン
  • シラー(シラーズ)
  • カベルネ・フラン
  • メルロ
  • ピノ・ノワール
  • ガメイ
  • マルベック
  • グルナッシュ

白ワイン

  • シャルドネ
  • ソーヴィニョン・ブラン
  • リースリング
  • ピノ・グリ
  • ミュスカデ
  • ヴィオニエ
  • セミヨン
  • シュナン・ブラン
  • ゲヴュルツトラミネール
  • ルーサンヌ / マルサンヌ
  • シルヴァネール
  • ミュスカ

多様な気候から、

様々なぶどう品種が栽培されています。

(*この他にも、ぶどう品種はたくさんあります。)

 

最後に

私は外食の際に西洋料理を少しでも

美味しく食べたいと思い、

ワインの勉強をすることにしました。

 

もしワインに詳しい方で、

この記事を読まれている方がいらっしゃれば、

ご教授いただけますと幸いです。

→記事の執筆依頼や、問い合わせはこちらから!